Home>イチオシ情報>意外と知らない!ipadのアプリ開発の料金システムとは?

実際にipad用のアプリを依頼した方の声とは?

スマホ

実際にipad用のアプリを依頼した方や企業から、満足されている方の声が多く届いています。アプリ開発を依頼するのはあまりピンと来ないですが、参考にすることでよりアプリ開発のイメージが湧くはずです。

アプリ開発のプロに依頼した方の声

良かったです。

売上を上げるため、どうすればいいのか分からなくて、そしたら社内でアプリ開発の話があがって。アプリ開発出来る人もいないのにどうすればいいんだって時に開発をしてくれる会社を知りました。ipadにも対応したアプリを開発して頂けて満足です。

色々やってもらえるのは安心

ipadアプリ開発を依頼した際、アップデートや何かしらの事が気になっていました。しかし、オプションでストアへの申請まで代行してくれるのはありがたかったです。

様々なニーズに対応できる

多言語を扱うipadアプリの制作を依頼したのですが、とても綺麗な翻訳で開発してくれました。日本国内だけではなく、様々なお客さんにも対応できます。ありがとうございます。

意外と知らない!ipadのアプリ開発の料金システムとは?

アプリ開発依頼の相場・見落としがちな費用とは?

アプリ開発の相場ですが、ipad用アプリのタイプ別に相場は変わって来ます。例えばショッピングカート系のアプリは100~300万円、ツール系は50~300万円となっています。しかし、搭載する機能や構成により、開発規模は異なるので、費用の総額というのは実のところかなり幅があります。また、見落としがちな費用もあります。それは運用費などです。開発段階では発見できなかった不具合を修正し使いやすくしたり、OSのバージョンアップに対応したりと、リリース後にもやらなければいけないことは様々です。利便性が悪いままでは使われなくなる恐れがあり、そうした事を避けるためには運用費は必要です。しかし、運用は開発費に含まれていない事が多いので、見落としたままになると予算オーバーに繋がる可能性があります。リリース後のサポート体制や運用料金をあらかじめ開発会社に確認しておくと安心ですね。

アプリ開発費用の算出方法

アプリ開発には人月という作業量を表す単位を用いるのが一般的で、作業人数×期間により開発費用の基礎が算出されます。大まかなアプリ開発の工程はipadアプリを問わず、設計→プログラミング→システムテストになっています。工数が多ければ多いほど作業日数はかかりますし、作業を行なう技術者の人件費もかさみます。これらは全て料金に反映されますので、開発するアプリに必要な機能、制作するものが多いとその分開発費用も高くなります。アプリにもいくつか種類があり、Webブラウザにアクセスするだけで使えるWebアプリは比較的安く開発できますが、工数が多い一般的なストアからダウンロードするタイプのアプリ、ネイティブアプリはWebアプリよりも費用は高くなります。

広告募集中