Home>人気記事>知ってますか?ipadアプリ開発は費用の相場が大きく変わる!

知ってますか?ipadアプリ開発は費用の相場が大きく変わる!

アプリ

OSで変わる費用の相場

ipadのアプリ開発ですが、ipadのアプリを開発する際には、iOSに対応したアプリを開発しなくてはいけません。業者を使ってアプリを開発をする際は1アプリにつき100~200万円ほどとなっています。もし、ipadのアプリをAndroidに対応させたい場合は開発費用や言語が異なるため、倍の費用になることを考慮しておきましょう。また、古いバージョンに対応させるのも別途費用がかかる場合があります。注意して見積もりを依頼し、内訳を見ておきましょう。

電子機器

デザイン作成で変わる費用の相場

デザインでもアプリ開発の費用相場は変わってきます。デザインに必要な資料などを自前で用意するのか、デザインも全て開発会社に依頼するかで費用は大幅に違ってきます。デザインを持っていった際の相場は10~30万、デザインを全てお願いする際は100万円前後になります。ipadのアプリは一見画面が小さいのでデザインが簡単だと思われがちですが、端末の違いやスマホ、タブレットのデバイスは様々な画面サイズがあります。それらに合うインターフェースをデザインするには、知識や経験がより必要になります。一から考える際はエンジニアだけでなくデザイナーによる工程も発生するため、相場は高くなります。

アプリ開発で失敗しないためには

アプリの内容によって費用が大きく異なっていて、ipadアプリとAndroid対応アプリでは対応の幅は確かにありますが、実際に開発会社に見積りを取ることで、開発したいアプリの大体の相場は分かるはずです。しかし、ざっくりとした要望の見積りでは実際の開発費用とは違ってしまう場合もあるので、失敗に繋がる事もあります。誤差がない見積り金額を算出してもらうなら、事前にしっかりと目的を定めたアプリの要件を伝えることが重要になります。

開発会社がアプリ開発以外にやってくれる事

開発会社はipadアプリ開発以外のこともやってくれます。例えば、AppStoreやGoogle Playなどのアプリコンテンツの配信サービスへの申請手続きの代行や、制作したアプリをストアにはあげず企業内で独自に利用出来るようにしたり、アプリを多言語展開で開発したりなどです。このようにアプリ開発のみならず、様々なオプションも引き受けてくれます。気になる方は見積りの際に、確認してみるといいです。

広告募集中